コールセンターの品質管理とは?確認および高める方法を解説

2024年1月12日 コールセンター

コールセンターを運営する場合は、品質管理が非常に重要です。では、品質管理を高めるためには、具体的に何をするべきでしょう。ここでは、コールセンターの品質管理における、主な管理品質やテスト方法、品質向上のコツについて解説します。

コールセンターで管理する品質は主に4つ

コールセンターの品質管理と一口にいっても、管理すべき項目は複数あります。ここでは、主に管理すべき4つの品質について確認しておきましょう。

応答品質

コールセンターにおける応対品質は、顧客満足度やリピート率に影響する重要な要素です。具体的には、応対時間や応答率、離脱率、対応内容、対応態度などの基準によって評価されます。応対品質を向上させるためには、オペレーターの教育や研修モチベーションや健康管理に注意することが大切です。

接続品質

接続品質とは、コールセンターのシステムやネットワークが、顧客との電話接続を確実に行えるかどうかを判断するための品質です。顧客の不満や離反を防ぐための重要な要素であり、つながりやすさや音声品質、システム障害率といった指標によって評価されます。接続品質を向上させるためには、システムやネットワークの選定や設計、保守や管理に注意しなくてはいけません。

運営品質

運営品質は、コールセンターの効率性や効果性に影響する重要な要素であり、コスト管理や収益管理、業務改善などの指標で評価されます。運営品質を向上させるためには、データ分析や人材管理が重要です。

処理品質

処理品質は、コールセンターのオペレーターが顧客からの問い合わせやクレームをどのように対応し、解決するかということを示す指標です。処理品質を評価する基準としては、処理時間、解決率、正答率などが挙げられます。処理品質を管理する際には、数値だけではなく、質的な評価も行うこと目標設定や評価方法を明確にすることPDCAサイクルを回すことが大切です。

コールセンターの品質管理をテストする方法

前述したさまざまな品質をテストするためには、具体的にどうするべきでしょうか。ここでは、コールセンターの品質管理をテストする方法として「モニタリング」「覆面調査」「外部委託」の3つをご紹介します。

モニタリング

モニタリングとは、コールセンターにおけるオペレーターの応対内容や態度を録音・録画し、評価基準に沿って分析する方法です。応対品質の問題点や改善点を把握し、フィードバックや研修を行うことにより、顧客満足度やオペレーターのスキル向上につなげられます。

覆面調査

覆面調査とは、一般顧客になりすましてコールセンターに電話し、応対品質やサービスレベルをチェックする方法です。「ミステリーコール」とも呼ばれています。実際の顧客視点からコールセンターの強みや弱みを評価し、改善策を立案できる点がメリットだといえるでしょう。

外部委託

外部委託とは、コールセンターの品質管理を専門的に行う業者に依頼する方法です。コールセンターの業務プロセスやシステム、人材育成などを総合的に分析し、最適な品質管理方法や改善策を提案してもらえます。そのため、品質管理の診断サービスとして活用することも可能です。

コールセンターの品質を高めるためのコツ

コールセンターの品質を高めるためには、オペレーターの育成が欠かせません。「研修」「参考書や本」「分析・フィードバック」の3つを実施するのが、コールセンターの品質を高めるコツだといえるでしょう。

研修を実施する

コールセンターのオペレーターに対して、応対スキルや商品知識、トラブル対応などの研修を定期的に行うことによって、品質の向上が期待できます。研修では、実際の応対音声やモニタリング結果を活用して、自己評価やフィードバックを行うことが重要です。

参考書や本を配布する

コールセンターの品質向上に関する参考書や本を配布することによって、オペレーターの応対スキルや知識を高める効果が期待できます。例えば、一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会が出版している「CMBOK コンタクトセンターマネジメント知識スキル体系ガイドブック Ver3.0 」や「コンタクトセンターマネジメント」などが、参考になるでしょう。

数値による分析やフィードバックを行う

コールセンターの業務品質を向上させるためには、業務の可視化と定量化が必要です。数値による分析やフィードバックを実施することにより、業務の状況や問題点を把握し、改善策を立案できるようになります。

また、コールセンターの業務品質のバラツキを改善するためには、業務を標準化することも必要です。標準化を行うことにより、オペレーターの応対品質や作業効率を均一化し、顧客満足度やコスト削減につなげられます。

まとめ

コールセンターで管理する品質は、主に以下の4つです。

・応答品質

・接続品質

・運営品質

・処理品質

コールセンターの品質管理をテストする方法としては、モニタリングや覆面調査、外部委託などが挙げられます。また品質を高めるためには、研修を実施したり、参考書や本を配布したりすることをはじめ、数値による分析やフィードバックを行うことも大切です。

コールセンターの品質向上は、DRM(データリレーションマーケティング)にご相談ください。弊社の担当者が出向し、パフォーマンス改善のご提案をいたします。またDRMであれば、その後の商談まで対応することが可能です。

営業代行ならDRM(データリレーションマーケティング)

営業に課題をお持ちの方やアウトソース先をご検討されている方は、ぜひ営業代行のDRMにご相談ください。
営業の成功パターンを持つ私たちが、マーケティングから始まり、セールス、CRMとワンストップで継続的な成果をお届けします。

DRMの営業代行について詳しくはこちら ≫

関連する人気のおすすめ記事

2024年1月12日
犯罪収益移転防止法とは?オンライン本人確認eKYCの要件とあわせて解説
犯罪収益移転防止法は、犯罪による収益の悪用を防ぐための重要な法律です。この法律には、特定事業者に対する様々な義務が定……
オンライン本人確認

2024年1月12日
マイナンバーカードを用いたeKYCの手法とは?活用事例やメリット・デメリットを紹介
個人番号を証明するためのマイナンバーカードは、本人確認資料としても利用できます。近年では、マイナンバーカードを活用し……
オンライン本人確認

2024年1月12日
自社アプリの本人確認にeKYCを導入するメリットと注意点
  スマートフォンの普及や各種サービスがオンライン化されるに伴い、自社アプリを提供する企業も増えています。中には本人確……
オンライン本人確認

2024年1月12日
オンライン本人確認「eKYC」とは?主な方式や導入メリットを解説
オンライン本人確認とは、インターネット上で本人確認を行う手法です。従来は対面で行われていた本人確認を、オンライン上で……
オンライン本人確認

2024年1月12日
コールセンターの待ち時間はなぜ生じる?短縮するコツを紹介
コールセンターでは、待ち時間が発生することがよくあります。しかし、多くの待ち時間が発生することによって弊害も発生する……
コールセンター